服装

脱毛に行くときの服装は?トラブル予防に必須のポイント

脱毛に初めて行く場合、どんな服装で行ったらいいのか迷ってしまいますよね。
下半身の脱毛だからスカートの方が良い?脇の脱毛だからノースリーブで行くべき?など、脱毛に行くときのベストな服装チョイスの仕方をご紹介していきます。

 

脱毛の施術中の服装はどんな格好?

脱毛中はどんな服装で施術を受けるのでしょうか?着ていった服そのまま?それとも着替えが用意されている?
一般的に脱毛施術中にはどんな格好をしているのか、お伝えしていきます。

 

サロンではガウンが用意されている

多くの脱毛サロンでは、ガウンや体に巻くタオルが用意されています。脇の下から胸元を一周する形でタオルを巻き、膝付近まで隠れるくらいの長さのガウンやタオルです。
全身脱毛など、基本的にはこの格好がスタンダードです。全身脱毛だからといって、一度に体中の全てのムダ毛を施術するわけではありません。
多くの場合、上半身や下半身など、いくつかの部位に分けて全身脱毛を進めていきますので、全裸になるわけではないのです。
クリニックでは、こうしたガウンなどの用意が無い場合もあり、状況に応じてタオルをかけてもらうことになります。

 

施術部位が露出できていれば着替えないことも

施術部位が十分に露出できていれば、ガウンなどに着替えなくても施術が受けられる場合もあります。
例えば顔の場合は洋服で隠れてしまうことは無いので、着替えなくてもそのまま施術を受けられます。腕なども、袖が長くなければ問題ありません。

 

施術に支障がなければ下着は付けたままでも大丈夫

脱毛施術の範囲に背中や胸が入っていなければ、ブラジャーを付けたままでも大丈夫です。VIO脱毛の時は下着を当然脱ぎます。
代わりに紙のショーツを履くこともできます。その場合は、スタッフの方が、紙ショーツをずらしながら脱毛施術を行うことになります。

 

脱毛に行くのにおすすめの服装は?

脱毛を受けるとき、服装や施術部位によっては着替えなくても良いこともあります。どんな服装で行けば、スムーズに脱毛を進めることができるのでしょうか?

 

脱ぎ着しやすいゆったりした服装

脱ぎ着しやすい服装であることは一番大切です。厚着をしすぎたり、ピッタリでタイトすぎたりすると、着替えるのに時間がかかります。
施術の前後に着替えで手間を取ってしまうと、時間がもったいないです。しかも、脱毛施術の直後にまたその服を着て帰ることを考えると、ゆったりした服装の方が肌に負担をかけなくて済みます。
スキニーなどでは、脱毛直後の敏感になった肌への刺激が、強すぎる場合があります。

 

上下別れた服がオススメ

ワンピースではいけないわけではありませんが、上下別れた服の方がオススメです。
例えば、上半身の施術を受ける場合、ワンピースを脱ぐことになります。すると、下半身を下着姿のまま施術を受けなければならず、タオルをかけてもらえるとはいえ恥ずかしい気持ちになることもあります。
気にならない場合は、着脱がしやすいワンピースなら問題ありません。

 

脇や腕の場合は、キャミソールやノースリーブでOK

脇や腕の脱毛は、施術部位が露出できていれば問題無いので、キャミソールやノースリーブのままでもOKです。
ただ、行きや帰りの道中をキャミソールやノースリーブ姿のまま歩くのは止めた方が良いでしょう。
脱毛直後のデリケートな肌を露出したままでは、紫外線や、他者と触れて擦れる刺激がトラブルに繋がる恐れがあります。

 

顔脱毛の場合、首元が広く開いたトップスで

顔脱毛の場合は着替える必要はありません。ただ、首元にも施術を行うことがありますし、仰向けに寝るような格好になります。
首元が広く開いたトップスが望ましいですし、フードがついたパーカーなどは寝たときに邪魔になる可能性があります。

 

化学繊維よりも天然素材がオススメ

脱毛を受けた直後は肌が少し傷ついている状態でもあります。そこに化学繊維の摩擦刺激が加わることは、肌にとって大ダメージです。
できればシルクなど天然素材の服装を選び、少しでも肌にかかる負担を減らした方が良いでしょう。

 

NGな服装は?脱毛後の肌トラブルを防ぐために注意するポイント

脱毛施術を受けにいくときに、気を付けるべき服装をお伝えしていきます。
知らないままだと、脱毛後に肌に刺激が加わりすぎて、炎症などのトラブルに繋がる危険性もあります。ぜひ、しっかりチェックしておいてくださいね。

 

露出が多すぎる服装のまま帰らない

例えばワキや腕の脱毛をしにいくときに、ノースリーブやキャミソールで行くとします。
帰りも腕全体を露出したまま行動してしまうと、日焼けをして炎症が起きる可能性があります。脱毛直後に日焼けは絶対にNGです。インナーとしてキャミソールを着ていくようにしましょう。

 

タイツやストッキングは刺激が強いかも

タイツやストッキングも、できれば避けた方が良いです。脱毛の施術直後は、肌が非常に敏感です。
密着性が高すぎる服装だと、肌への負担が大きすぎる可能性があります。脱毛直後でバリア機能が落ちている肌に摩擦が起きることで、皮膚表面の角質がさらに剥がれ、肌荒れやシミの原因になります。

 

タイトなスキニーパンツだとリラックスできない

上半身の脱毛施術の場合、下半身の服装はあまり関係ないです。
しかし、ベッドに寝て施術を受けることになるので、タイトすぎるパンツスタイルなど身体がリラックスできなくなってしまいます。
広い範囲を脱毛する場合、1時間くらいかかることもあるので、リラックスして横になれるかどうかが疲労度に関わってきます。

 

アクセサリーは付けすぎない

ヘアアクセサリーも含めて、アクセサリーはあまり付けない方が無難です。
結局施術ベッドに横になるので、頑張ってヘアセットしても潰れてしまうことになります。
アクセサリーが多すぎると外したり付けたりするのに時間がかかりますし、次の予約の方がいる場合は迷惑になってしまいます。
サロンやクリニックによっては、専用のパウダールームなども無い場合もあります。アクセサリーは最小限にしていく方が良いでしょう。

 

一緒に持っていくと便利なアイテムもチェック

脱毛に行くときの服装で気を付けるポイントに加えて、持っていくと便利なアイテムも一緒にご紹介していきます。

 

夏場はサマーカーディガンがあると良い

特に暑い時期は薄着で、肌の露出も多くなりがちです。日差しも強く、そのままでは脱毛直後の肌に大きなダメージを与えてしまいます。
夏場は特に脱毛後の日焼けリスクが高いので、サマーカーディガンなどで施術部位の露出を抑えるようにしましょう。ノースリーブを下に着れば、脇や腕の施術だけなら脱毛前後の準備もスムーズです。

 

冬場はマフラーでの防寒がオススメ

冬場は寒いので、どうしても重ね着で厚着になります。防寒対策をしてはいけないわけではありませんが、重ね着によって通気性が悪くなると、脱毛後の肌に熱がこもりやすくなってしまいます。
たくさんの重ね着や厚手の服を着るよりは、マフラーなど小物アイテムで防寒する方が通気性を調節しやすいです。

 

ヘアゴムでシンプルヘアスタイルに

施術中や終了後には、入念に時間をかけてバッチリなヘアスタイルを整える環境が確保できない場合もあります。ヘアゴムでシンプルなヘアスタイルにまとめることができれば、脱毛前も後もとてもスムーズです。

 

まとめ

脱毛にいくときの服装は、楽でシンプルなものが基本です。肌の露出度合いを調節することで、脱毛後の肌トラブルを最小限に抑えることもできます。
オシャレと機能の両面を踏まえて、今回のご紹介を服装選びの参考にしてみてくださいね。

エステライター脱毛つる子のおしえてあなたの脱毛事情

  • 海辺を歩く女性の足元

    ついつい気になる毛の悩みを解決!?除毛クリニックのすべて

    詳しく見る

  • 手袋を耳あて

    冬場もこまめにわき毛脱毛やってる?

    詳しく見る

  • 女性のうなじ

    意外と自分では気づかないうなじの脱毛

    詳しく見る

  • 女性の鼻と口周り

    顔の産毛って脱毛したほうがいい?しないほうがいい?

    詳しく見る

すべての脱毛状況を見る

脱毛サロン・クリニックスベ肌コラム

  • 砂浜に座る女性

    ニードル脱毛のメリットとデメリット、おすすめできる人としない人とは

    この記事を読む

  • 花冠を被った女性

    ニードル脱毛の痛みの強さと期待感に繋がる永久脱毛の効果

    この記事を読む

  • 黒の水着を着た女性

    福岡でニードル脱毛が受けられるおすすめの病院とサロンは?

    この記事を読む

  • 自転車に乗る女性

    ニードル脱毛を行っている名古屋のおすすめの病院について

    この記事を読む

すべてのスベ肌コラムを見る

topへ戻るボタン topへ戻るボタン